MENU

最新情報

コロナウィルスに負けないために

 2019年秋に中国武漢市から発生した新型コロナウィルスは、2020年4月現在、世界に広がり大変なことになってきています。初めは風邪のようなのにみるみるうちに症状が悪化して2週間で亡くなる事もある、怖い病気です。持病を持っていない若い人でも、免疫力が落ちていると危ないらしい。それなのに、ワクチンができるまでに一年もかかるそうです。

 こんな時に自然療法を知っていると、心強いです。もし、朝起きた時にのどが痛くて風邪かな、ひょっとしてコロナかも、と思ったら本物の蜂蜜を少量舐めてみましょう。芋湿布をのどに巻いて、梅醤番茶を飲みましょう。ユキノシタも食べましょう。ウィルスが全身に回る前に喉のところでやっつけてしまうのです。いつも、風邪やインフルエンザをこの方法で軽く済ませているのですが、きっとコロナにも効きます。是非、試してみてください。

自然療法を世の中に広めてくださった東城百合子さんが、令和2年2月22日に94歳で天に還られました。「今こそ自然療法の出番よ」と天国から励まされているような気がしています。

東京都の離島・八丈島で、お花作りをしている『多花園』です。
サンダーソニアやクルクマ、ネリネ、などを育成し、産地直送しています。
切り花はもちろん、球根の販売も行っています。

切り花や球根のご注文・お問合せはお気軽にどうぞ!04996-2-4862東京都八丈島八丈町大賀郷7673-8
MAIL:takaenmiyu@icloud.com