多花園でのサンダーソニアの栽培方法についてご紹介します。

サンダーソニアの種


これが種です。
球根を早く増やすため、種をまいて育てています。

一つ一つの袋から種を取り出すのに、結構時間がかかります。

この種が、発芽率が非常に悪いことで有名。
いろいろな方の研究の結果、発芽率も少しずつ上がっています。
そして、発芽しても、立派な切花ができるようになるまでには、4~5年かかります。
農業って地道な作業ですね。

種から発芽した小さな芽。

 

 

サンダーソニアの球根


中央のものが種から育てた一年目の球根です。
三年くらい育てると右のようになります。
下に敷き詰められているのは、上の種を乾燥させたもの。
二股に分かれた球根の両先端に芽があります。

 

球根の植え付け


ひとつひとつ、手作業で植え付けを行います。
小さい物はそのまま、大きいものは半分に折ってから植えます。


もくもくと植え付けていきます。

この畝たても、鍬と鋤で手作業です。

奥の方のビニールシートの下では土壌消毒が行われています。

サンダーソニアは球根が腐りやすいので、それを少しでも防ぐべく、あらゆる対策をしていきます。

 

発芽と成長


ぐんぐん伸びる若い芽
花が少しずつ色づいてきています。一列に千本以上あります。


球根の大きさによって芽の伸びる高さもずいぶん違います。

 

 

開花と収穫


色づき具合のよい花を探します。
見つけたら、花の輪数を数え、棒で長さを決めてから、切ります。
5輪なら50㎝の白い印の所、10輪なら70㎝の黄色い印の所に天芽の先を合わせ、
棒の一番下と同じ高さの茎を切ります。
混んでいるため、切り始めは隣の茎を間違って切ってしまうことも・・・


ほら、一丁上がり。
こうして、一本一本丁寧に切っていきます。
しかし、早さも大事。

 

切り花の選定と発送


同じ大きさの物を十本ずつ束ねていきます。

 
この日はこれだけ切れました。
L:40本 M:60本 S120本 2S:100本 3S:240本 合計560本!

 

収穫のあとは・・・

 

多花園のサンダーソニア球根コレクション


普通は二股に分かれますが、三本も足を伸ばしている物、一本足の物もあります。


扁平な形で足を一本も出さない物もあります。
これは植えても芽が出ないので、捨てるしかありません。
一本でも、出してくれれば、足の先に貴重な芽があります。


土の中で何を考えて、複雑に足を伸ばすのでしょう。
「ダンシングサンダー」


残念ながら、両足の先が腐ってしまった物もたくさん出ます。
なかなか球根が増えないのはそのためです。


すらりと足を伸ばす物、太くて短い物など、土の状態によって球根の形も様々です。原産地では植え替えなどしないわけですから、次にできる球根が育ちやすいように、一所懸命に考えて足を伸ばすのでしょうね。けなげです。


枯れると、土の中ではこんな風に球根が育っています。ここは、0gの球根をたくさん植えた列。大きく育っているものもあれば、小さいままのものもありますね。それでも、真白いきれいな球根が出てくるとうれしい。実際には、腐ってしまった物もたくさん出ます。


二股の球根を植えると、片方の芽は茎をのばして花を咲かせて、また、二股の球根を作り、もう一つの芽はマーブルの球根を作って終わることが多いのですが、両方とも花を咲かせ、二股の球根を作る時もあります。

折れてしまった球根や、病気にかかっている可能性のあるものでも、「きれいな芽」が残っていれば、保存します。「これは出ないだろう」と、ハウスの端にぶん投げておいた球根が、秋に芽を出していたことがあるものですから。

球根の形や大きさは様々。3gになれば、切り花を収穫できます。

枯れた根を取りはずしてから、 一つずつ計り、重さ別に箱に入れていきます。

サンダーソニア

切り花や球根のご注文・お問合せはお気軽にどうぞ!04996-2-4862東京都八丈島八丈町大賀郷7673-8
MAIL:takaenmiyu@icloud.com