トビウオ

船で八丈小島に遊びに行く途中、トビウオが飛んでいるのがよく見られます。
大型の魚から逃げるために、100mも飛ぶことがあるらしい。(@_@)
昔はとてもたくさん捕れた魚でしたが、近年は少なくなっているそうです。
ちょっと骨が多いけど、塩干しフライなど、大好きです。

そうそう、家で、茹でた里芋を食べる時に、なくてはならない塩辛は飛魚で作ります。
頭と中骨をぶつ切りにして塩をたくさんまぶしてから、カメにきつく詰めます(透明なビンでは、なぜかうまくできない)。
なるべく身が水に浸かっているようにし、上には多めに塩を降っておく。
そして一年以上置いておきます。
三年も経つと骨まで柔らかくなる。これが、三年しゅうでのわぎぼねだあ。
この塩辛を細かく切り、醤油と混ぜておくと、里芋やごはんに良く合うんですよ。

白子は茹でてから氷で冷やします。千切りのしょうが、塩しょうゆを混ぜて召し上がれ。
さつま揚げの作り方は元気レシピをご覧ください。